私の独り言

古の神の道ゆく

2012.3.4

植物が花開く季節に成りました人々の心も明るく花開く時です。

3月1日伊勢の元宮 二見輿玉神社にまいり 天の御中主神社で次に参る所を伺い 「これから始まる熊野国から日の本へ 日の本国から世界へと 歩み始めたその為に 心の中の玉に神の息吹をいれるのは阿須賀の宮なり熊野の元宮に参れ」と申され阿須賀神社に詣り宮司さんに神内神社を案内して頂きました。私の体に感じた事を表現する言葉が見あたりませんので機会が有れば是非行って下さい。そして宮司さんに熊野の小使いさんを紹介して頂き、とてもユニークな館で一夜を過ごさせて頂きました。

2日 目覚めは6時外は雨です。雨の中神内神社と阿須賀神社にご挨拶に行って、熊野本宮の元宮大齋原に着いた時には、雨はあがっていたので神のお言葉を頂いてから玉置山に向かいました。

皆 宝の心を持ちながら 何故に心がよごれんや 神は嘆かん

玉置山には2時に着き 玉置神社に詣り、三柱神社に詣って いよいよ最終の玉石社で、これから神の為される事と、その思いを、私達に言霊に乗せて伝えられました。

果たせなく 終わった人の思いをば そなた身に のせて生きる今の世ぞ  日本の中心は玉置の山なり 玉石は神々集う命の場なり  石を集めて世界へ広め 集めた石の玉石が そなたに語りかけてゆく 身をも守る これが石 神の命なり 石の持つ意味 これから石が 広めゆく。

玉石の愛の光を この世に照らせ 言霊を広めつつ 神の光を灯しくれ これから始まる 愛の国から世界に広めよや 命のつなぎ 神ことば 言霊を息吹くとき そなたの玉を光で包む これが光の元の元  日本国の旅立ちに 天が開きて光をば そなたに射して 進まんや。

皇の供養も大事なり 皇の流れはこの世の流れなり 光を保ちつつ この世の光を灯す 光の元なり 平和の流れは ここにあり。

以上です。 神の戸は開きましたこれから私達は何を為すべきか 又過去に何を為したかを問われ、その責任は全て自分で負っていくのです。

神の道ゆく

2012.2.14

伊勢の元宮に参れ伝えたい事が有ると言霊にでた。

それを受け2月1日に神のことば言霊に導かれてまず素盞鳴神社に参ってから伊勢の齋宮に向かいました。道中は気分も軽く予定の時刻よりも早く齋宮に着きました。此処の気は神気みなぎる場で私の身も引き締まる思いでした。呼ばれた意図は伊勢の大神様の思いと、これから神々がこの世の流れを変える為に、今までの間違いの元の元を正して行くとの事です。宇宙の歪みはこの世を狂わし地球を救うには、神の世界を正しこの世の流れ止めねばならず。 神の世界は人の心の妬み嫉み 欲を消して 宇宙のこころ神の心と同じ人心を持つ人を創るその手伝いをする人を神は証として光あてる。

その後熊野にはいり1泊して天の御中主神社の浄化と私の西野義子をよしこに変えました。此の神は命を尊び世界の人々から仰ぎ祀られています。この時「初めの一歩は伊勢の元宮ぞ」と云われ元宮の間違いを気づかずに進みました。

それからは花の窟に参り、大雪の中を川湯温泉まで走りました。神業は間違うと大変な悪天候になるのです。そして翌朝熊野本宮に参り、玉置山に向かいましたが大雪で登れません。引き返して帰りました。

神の道の初めを間違えてまた2月9日に出直して伊勢の元宮は二見浦に有ると知らされてまず二見浦に向かいました。目的が見えないままただ 走ると横風が強く手に汗してたどり着いたのは12時40分 それからすぐに二見輿玉神社が見え神業にかかりました。やはり人の心の妬み嫉みと欲 そして嘘をその場で暴いて見せて行くとのことです。

神の目的地 玉置山には2月11日建国記念日に参れと指示されて玉置神社 三柱社 玉石社に参って私の神業も無事に終わり、神様からの証の太陽の光を受けて、帰りには温泉の許可まで頂きました。十津川温泉でゆっくり暖まって帰ってきました。心より感謝です。

私の使命は個人の意志・想念が自然界に及ぼす影響を多くの人に気づいてもらい、楽しい世に成ることを願っています。          人も地球もコアが要。核となる魂が狂えば世の中も狂い、天災も起こります。人一人の意志が、宇宙に与える影響は想像以上に大きいものです。

今年も始まったばかり 神はこれから私に何を指し示される事でしょう 私はその使命を楽しく果たして参りたいと思います。

お正月の私の歩み

2012.2.10

元旦の初詣に和田宮様へ、3日には氏神様の北野天満宮そして5日に岡本の素盞鳴神11日には和田宮様の恵比寿社に参りました。

19日に写経21枚書いて和田宮様の浄化をさせて頂き、お礼に私の身も心も清めて頂きました。

21日に又素盞鳴神社に呼ばれて女性3名で参り、これからの心の持ち方を言霊で受けました。

22日から高知に行き23日には大谷様のご先祖様の供養をさせて頂き、28日北野天満宮の裏山に天の御中主尊が祀られた水天宮様も写経21枚で浄化させて頂き 1月の神業は終わりました。その間には人様の個人的なご相談も神の愛を受け皆様に伝えるだけの私です。

このような事を始めたのは、本「いきる」を出版してから神々が、私の経験したいろんな出来事は全て、神がこの世の流れを私に受けさせてその経験を人の浄化に計られている様です。

神は この世の人の心に潜む妬み嫉みから生じる罪悪を、全て表に出して消す為に働いています それは人の心が地球の歪みや宇宙を狂わせる原因だからです。

「神の心と人の心は同じなり 神の命は人なるぞ人の命は神ならぬ 神の心は宇宙なり 人の心を変えて行く」  神の言葉言霊です。

あけましておめでとう。

2012.1.5

あけましておめでとう。

私は元旦に和田宮様へ初詣に参りました。元旦にふさわしい清々しく澄んだ青空に太陽が燦燦と照り、参拝の人々の顔も輝いて見えました。

二日の明け方の初夢で目が覚めました。その夢は私の目の前で、何人も 動物を網で捕まえるのと同じ様にして檻の中に閉じ込められるのを見て、私はその人達の救いを求めますが誰も救えないとのことです。あーそうか と思った時 目が覚めました。これからの世は須佐の雄の尊様が人の姿をした獣を退治され、人を被害から守って下さる事でしょう。

三日は北野天満宮の氏神様にお参りしてびっくりしました。摂社に高倉大神様が祀られてありました。やはり熊野とのご縁が有る事を今頃気づき、此処北野に戻された事も納得です。今注目されているイスラム教の掟に従い、サウジアラビアで埋蔵される石油を国営にし、その利益で国民は豊かな生活を営んでいます。此のあり方をアフリカも学び、埋蔵されている沢山の石を国営にして、今 飢えと貧困で苦しんで居る国民を、一日も早く救われんことを祈ります。これが神の願いです。

宝冠の森へ

2011.12.24

K信用金庫の方々4人とその知人そして女性3人の8名で まず玉置神社で正式参拝を済ませてから 宝冠の森には7名で向かいました。少し上に上がるにつれて私の体に異変が起こり、体がだんだん重く硬くなって来ましたが、それでも神は宝冠の森に行けとのことです。此の症状は神の仕業である事は解るゆえに、私は受けて目的地に向かうしか有りませんでした。体が重く感じた時は六根清浄を、時には般若心経を口ずさんでの登山は、私にとって生まれて初めて経験する難行苦行の修行でした。

初回があまりにも軽く楽に行けた事を思うと、神に導かれての時と、この度神に甘え背いた自分に、神の怒りの過酷なペナルテイを受て、 宝冠の森にたどり着いた時の感激はまた一入でした。 神の暖かい慈悲に包まれ、「これからは神の言葉を信じ 仰せのとうりに歩みます」と誓って帰る道中は少し楽でした。

今年の最後に神様からの愛と気づきを頂いた最高の宝冠の森でした。

次のページへ