私の独り言

宝冠の森へ

2011.12.24

K信用金庫の方々4人とその知人そして女性3人の8名で まず玉置神社で正式参拝を済ませてから 宝冠の森には7名で向かいました。少し上に上がるにつれて私の体に異変が起こり、体がだんだん重く硬くなって来ましたが、それでも神は宝冠の森に行けとのことです。此の症状は神の仕業である事は解るゆえに、私は受けて目的地に向かうしか有りませんでした。体が重く感じた時は六根清浄を、時には般若心経を口ずさんでの登山は、私にとって生まれて初めて経験する難行苦行の修行でした。

初回があまりにも軽く楽に行けた事を思うと、神に導かれての時と、この度神に甘え背いた自分に、神の怒りの過酷なペナルテイを受て、 宝冠の森にたどり着いた時の感激はまた一入でした。 神の暖かい慈悲に包まれ、「これからは神の言葉を信じ 仰せのとうりに歩みます」と誓って帰る道中は少し楽でした。

今年の最後に神様からの愛と気づきを頂いた最高の宝冠の森でした。