私の独り言

東日本被災地を訪ねた私の道 10月4日(火曜)

2011.10.4

 10月4日7時起床そして温泉での禊ぎです。8時には出発 そして山頂の神社に登る途中には沢山の岩藏が聳え立っています。それぞれの石に神の名や縁起物の動物の名前が付けられ、生き者と対話しながらの感覚で楽しみながら疲れも感じなく山頂に登っていました。頂上には立派な神殿が建ち広々とした公園になっています。私はまず神殿に上がり祝詞と清めを済ませると力強い神の言葉「我ら皆で国を建てるぞ これから先は神の道なり」と聴き今の世に光を感じ、燦燦と光り輝く太陽と山の石達との対話の一時を、見晴らしの良い公園で持てた事が夢の様です。宮司さんのお勧めの都々古別神社にも詣りました。此の神社は陸奥州一の宮 古い建物にも堂々とした風格を感じさせ、とても強い神気をカメラに納め私の体にも受けて帰りました。車に戻ると12時30分 それから東北自動車道に乗り本宮ICを出て少し走ると、小高い山の中腹に安達太良神社が有りました。着くと15時45分 古い立派な神殿の中で祝詞と清めを済ませると、堂々と風格を感じる神様のお言葉「世の平和の為に皆一つに成り これからは神の世になるのじゃ」を頂いて私が被災地に来た意味を知りました。そして次は宮城県宮城郡七ヶ浜町 東北道で仙台に入り目的地に近づくと19時40分、暗闇の花渕浜を太平洋の波の音を聞きながら花節神社を探して走りました。途中親切な人に出会い神社まで案内して頂きましたが、此処も山頂に社が有る為登れません。一夜をご厚意に甘え泊めて頂き夕食と翌朝までご馳走になりました。旅先でこんな親切に出会い心より感謝です。