私の独り言

神の道ゆく

2012.2.14

伊勢の元宮に参れ伝えたい事が有ると言霊にでた。

それを受け2月1日に神のことば言霊に導かれてまず素盞鳴神社に参ってから伊勢の齋宮に向かいました。道中は気分も軽く予定の時刻よりも早く齋宮に着きました。此処の気は神気みなぎる場で私の身も引き締まる思いでした。呼ばれた意図は伊勢の大神様の思いと、これから神々がこの世の流れを変える為に、今までの間違いの元の元を正して行くとの事です。宇宙の歪みはこの世を狂わし地球を救うには、神の世界を正しこの世の流れ止めねばならず。 神の世界は人の心の妬み嫉み 欲を消して 宇宙のこころ神の心と同じ人心を持つ人を創るその手伝いをする人を神は証として光あてる。

その後熊野にはいり1泊して天の御中主神社の浄化と私の西野義子をよしこに変えました。此の神は命を尊び世界の人々から仰ぎ祀られています。この時「初めの一歩は伊勢の元宮ぞ」と云われ元宮の間違いを気づかずに進みました。

それからは花の窟に参り、大雪の中を川湯温泉まで走りました。神業は間違うと大変な悪天候になるのです。そして翌朝熊野本宮に参り、玉置山に向かいましたが大雪で登れません。引き返して帰りました。

神の道の初めを間違えてまた2月9日に出直して伊勢の元宮は二見浦に有ると知らされてまず二見浦に向かいました。目的が見えないままただ 走ると横風が強く手に汗してたどり着いたのは12時40分 それからすぐに二見輿玉神社が見え神業にかかりました。やはり人の心の妬み嫉みと欲 そして嘘をその場で暴いて見せて行くとのことです。

神の目的地 玉置山には2月11日建国記念日に参れと指示されて玉置神社 三柱社 玉石社に参って私の神業も無事に終わり、神様からの証の太陽の光を受けて、帰りには温泉の許可まで頂きました。十津川温泉でゆっくり暖まって帰ってきました。心より感謝です。

私の使命は個人の意志・想念が自然界に及ぼす影響を多くの人に気づいてもらい、楽しい世に成ることを願っています。          人も地球もコアが要。核となる魂が狂えば世の中も狂い、天災も起こります。人一人の意志が、宇宙に与える影響は想像以上に大きいものです。

今年も始まったばかり 神はこれから私に何を指し示される事でしょう 私はその使命を楽しく果たして参りたいと思います。