ニルバーナ

あゆみ

2011.7.27

 7月17日の日曜日に円応教の本部に詣りました。皆さんご存じでしょうか此処でとても大事な気づきを頂きました。それは1995年1月14・15・16日の朝 車で自宅を出ると有馬富士が私を呼んでいる様に感じたのです。ちょうどその3日間はナビオ阪急のセールだったので行けず17日に登ろうと思っていたその朝に阪神淡路大震災でした。それからその事をすっかり忘れてしまって、2008年1月2日に丹波篠山から車で神戸に帰る途中 急に咳き込みぜんそくの様な症状になったのです。丁度有馬富士の近くと聞いてびっくりと同時に、約束を忘れていた事を思い出し有馬富士の方に向かって手を合わせてお詫びをし、今年は必ず登ろうと思うと、震災の日にと申され約束をすると 私の体も平常に戻りました。約束は果たした物の大雪で途中迄しか登れず又来ますと云って帰ってきた事を、私はすっかり忘れていたのですが、この度気づかせて頂きました。

  自然と交わした約束を2度も忘れる自分の愚かさに呆れながら それでも気長に待って下さるその心に感謝です。この世に存在する全てのものに意思が有ることを改めて思い知らされて、とても恥ずかしく申し訳なくただただお詫びと、日々学びの生活です。